業者を選ぶコツ

ビジネス名刺の作成を業者に依頼するとき、単に価格の安さばかり追い求めてしまうと、クオリティが犠牲になってしまい、仕上がりが納得のいかないものになってしまう心配があります。特にビジネス名刺は相手に与える印象が重要なため、優先すべきは品質と言えます。なので、まずは品質を優先し、その上で低価格で作成してくれる業者を探す方が、ビジネスシーンで使用する名刺としては望ましいでしょう

テンプレート業者の選び方は様々ですが、クオリティの優れたテンプレートが用意されていたり、用紙や加工方法にバリエーションがあるところが良いです。このようなサンプルの用意は業者によって違いがあります。他社と違うオリジナリティのある名刺を作りたい場合には、オリジナルに対応が可能である業者を探すようにもしましょう。

また、納期が早い方が良いと考えられる事もありますが、納期が短いと、それなりにデザイン性やクオリティを下げなければならない場合があります。ビジネス名刺はクオリティにこだわりたいものでもあるので、よっぽど長めに納期をとられるところでない限りは、余裕を持って作成の依頼を出来るスケジュールを確保しておくべきです。基本は品質優先で業者を探すのが良いでしょう。

参照HP・・・ビジネス名刺作成 / デザイン名刺.net

 

ビジネスにはかかせないパンフレットや名刺の印刷

ビジネスを始めるに当たって、まずした事と言えばビジネスにかかせないダイレクトメール用のパンフレットや名刺から揃えはじめました。個人事業なのでコスト削減できるところは削減しようと思い、印刷会社や、印刷にかかる費用を徹底的に調べました。イメージ的にパンフレット印刷と言うのは高いイメージがありましたが、今は少ない枚数から印刷してくれたり、納品までとても早かったり、何と言っても値段が安いのに驚きました。自分でテンプレートを選んで、レイアウトや文字入力するだけ。素人でも簡単にできます。

私の場合、海外の印刷会社を選択しましたが、納品まで、とてもスピーディーです。国内でも沢山安い会社はありますが、少しでも安いところでと思ったので、海外を選びました。しかし、各国にその会社自体があるので知名度は高いと思います。対応も丁寧・親切で安心でした。紙の素材を選べたり、テンプレートが豊富だったり重宝しています。気になる仕上がりですが、想像以上に良く、またイメージ通りでしたので大正解でした。その後、割引などがあるのが嬉しいです。

 

名刺会社も他社と競争

名刺会社は、実は意外と競争が有ります。やはりビジネスですので、他社に負けないようにあの手この手を尽くしているのです。例えば、ある会社は料金で差別化を図ろうと懸命です。他社よりも少しでも安ければ、料金を割り引くと大々的に宣伝しています。さらに、名刺を大量に発注した場合にも割り引かれる事が有ります。1箱では定価の値段ですが、2箱注文すると1%の割引になり10箱注文すると10%割引をするなどの割引価格での差別化を図っているのです。なお、この割引率は各名刺会社によって差が有ります。

しかし、別の会社は料金ではなくサービスで勝負をしていますね。名刺にはイラストを挿入できます。ある会社などは、名刺に似顔絵を挿入できるのです。営業マンの仕事などは、顔を覚えてもらう事が重要です。顔を覚えてもらうために、わざとイラストの似顔絵を印刷するのです。写真ではなく、イラストという所がポイントです。イラストの方が、相手の記憶に残りやすいという考え方が根底に有ります。このように、各社それぞれの強みを用いて他の名刺会社に負けないように差別化を図ろうと手を尽くしているわけです。名刺を配りに行く営業マンも大変ですが、名刺会社も色々と競争に汗をかいているという事になります。

 

 

 

 

デザインで重要なこと

様々なシチュエーションで使用するビジネス名刺は、そのデザインの作り込みが大切です。ポイントを理解して、業者に依頼しましょう。例えば基本的な事で、四辺の余白をどう使うかを考えます。紙面に文字や画像などの柄が入っている割合を版面率と言い、四辺の余白の広さで、名刺の印象が変わります。余白のあるところに文字があると、その部分が目立ちます。

なので、名前、あるいは会社名を目立たせたい場合、その周辺を余白にデザインします。また、右揃えなのか左揃えなのか、中央に書くのかなど、こういった一つ一つのレイアウトで名刺による印象は大きく変わってきます。

また、レイアウトで考えるべきは文字の大きさ、色、あるいは場面によって使い分けるようなデザイン性のある名刺など、作り込みにはとにかく力を入れるべきです。ビジネス名刺はどのような相手と交換する事になるのか分かりません。

場合によっては、取引先の重要人物と名刺交換をする可能性も考えられるため、業者に依頼する段階で、力を入れておくべきです。また、紙質も手に取った時の印象が変わります。一口にビジネス名刺と言いましても、考えるべき部分はたくさんあるので、十分に練ったうえで、依頼しましょう。

 

お洒落な名刺デザインがうらやましい

名刺はその会社、その人の事を一目で判断することのできるものだと思います。勿論ふざけ過ぎるのもいかがなものかとは思いますが、オーソドックスな物だと個性がなく、名刺同様につまらない普通の会社のように感じられます。まさしく私の会社は普通の名刺です。先日会社訪問にいらっしゃったIT企業さんの名刺が、自動車免許証のデザインになっていたのがとても印象的でした。

私としては、IT企業は普通であってはつまらないですし、革新的な事をしていかなくてはいけませんので、そのデザインを拝見した時は良い印象を受けました。時と場合によって、名刺を変えて利用するというのも良いかもしれません。ビジネスにおいて、ユーモアも個性も大事ですが、それを受け付けない方々もいらっしゃいます。それに対して柔軟な対応をしてこそのセールスマンなのかもしれません。私は名刺自体持っていますが、事務ですし、滅多な事がない限り人に渡す事はありません。せっかく名刺を持つのであれば、その会社の個性をどこかにちりばめてみるのも悪い事ではないように感じます。

 

名刺は私のコレクション。

名刺ビジネスにおいて一番最初の挨拶は名刺交換です。相手のそれをいただくのは私にとっては切手のコレクションのようなものです。始めてお会いする人には必ず交換をお願いしています。100人会えば100人分たまります。それを整理していくとすごく楽しいです。 例えば名前順においてみると意外とた行が多いとかわかりますし、業種別にしてみると製造業の方が少ないということもわかりました。

また、肩書きが豊富な方もいれば純粋に名前だけの方もいますし、住所は個人情報があるため載せないという方もいました。 また福祉関係に従事している方は、点字や手話を名前のルビ代わりにふっている人もいました。皆どれも個性的です。 本来は仕事重視なので遊びは御法度のように感じるものも、少しお遊び感覚があるものの方が見ている側も気構えなくていいし、あとから見返したとき、年賀状のようにゆっくり拝見したくなります。

私の場合、会う人に応じて書かれてことが違う物を渡しています。例えば相手が得意先の偉い方なら肩書き重視のものを、福祉関係やこどもを扱う保母さんや幼稚園の先生などにはアニメキャラクターが書かれたものをお渡ししています。 自分の名前を伝えるためではなく、自分をもっと知ってもらう意味で名刺は重要な働きをしているんだなと改めて思います。

ビジネス名刺は専門業者に

名刺ビジネスマンにとって、「ビジネス名刺」は必要不可欠のアイテムです。初対面の相手に自分を知ってもらう事、そして相手を知るためにも必要で、外部の人たちと接点の多い業種の方は特に、用意しておく必要があります。当サイトでは、ビジネス名刺の作成を業者に依頼する事について紹介しています。

社会に出て使われる名刺は、仕事を円滑にしたり、営業先の方々と連絡を取り合うきっかけを作ったりするなど、様々な意味が隠されている必要アイテムです。また、出来るビジネスマンは、それなりに良質な名刺を持っている灯されており、大げさに言えばステータスの一つでもあります。名刺は相手に必ず受け取ってもらえる広告の一つでもあるため、より良いものを用意しておくべきです。

そこで大切なのが、良い名刺を業者に作ってもらう事です。業者により取り扱っている紙質、色の塗り方、デザインの作り方が異なります。ご自身の持つ構想をそのまま名刺に取り入れてくれるほか、良心的な価格で作成してもらうことに越した事はありません。仕事をするようになると、手元に用意しておきたいもので、誰に手渡す事になるかは分かりません。

もしかすると、大切な取引先の社長と交換する可能性もあるでしょう。様々なシチュエーションを想定しますと、より良いものを作っておくのがとても大切です。今はパソコンを使ってご自身で作る事も可能ではありますが、やはり専門業者に依頼して、より良いビジネス名刺を作成してもらう方が良いでしょう。

 

名刺を交換する時のマナーをしっかりと守ります。

約2年前に職業訓練の授業で、パソコンを使って名刺を作成し、渡しかたの勉強をした事を覚えています。 作製した目的は、職場に出てそれを交換する時に対応できるようにとマナーを守る為と、他の訓練生とのコミュニケーションを深める為です。 名刺の交換にもビジネスマナーがあり、職業訓練の授業でもそのマナーの勉強をして、現在就職活動中なので、就職が決まって仕事をする時、職業訓練の授業で習ったマナーを生かしたいです。

どんなビジネスマナーがあるかというと、先ずはそれを切らしてはいけないというのが一番重要なマナーです。 切らしてしまうと、相手の方になめられているのかという印象を与えてしまい、最悪の状態になってしまいます。 交換の基本として、相手に向けて差し出し、文字が指にかからないようにする事が交換する時のポイントとなります。 交換する時は必ず立って行い、会釈も忘れないようにし、脇をしめて渡すこともポイントです。 自己紹介も兼ねており相手に必ず「よろしくお願いします」と言葉を添える事も忘れない事です。 相手に渡す時は、間違っても片手で受け取ったり、片手で渡してはいけないです。 交換のマナーは結構細かいのですが、社会に出て仕事をする上ではどれも重要な事だから、ビジネスマナーをしっかりと守りたいです。

 

素敵な名刺を作りたいです。

私は今まさに名刺を作ろうとしています。個人で仕事を始めようと思っているからです。過去には、起業のためのセミナーに参加した際に名刺が必要でした。そのときは急いでパソコンで製作しましたが、今回はプロの業者にお願いする予定です。自分で作ったものもなかなか好評でしたが、プロのデザインのほうが洗練していますし、名刺を受け取った側にもインパクトを与えることができると考えるからです。初対面の相手に、ご挨拶の短時間で自分の全てを紹介することはまずできません。

しかし、今後必要な時に思い出してもらえて、連絡をいただけるようになるためには名刺が必要なのです。私が今考えているのは、ストライプなどのモダンなデザインのものです。会社員ではありませんから、遊び心も織り交ぜたいのです。地味な名刺より、小さな驚きを与えて印象に残りたいという戦略でもあります。信頼感を得られるように、保持資格もしっかり記載します。そんな素敵な名刺が、これからの私のビジネスの第一歩となるのです。