デザインで重要なこと


様々なシチュエーションで使用するビジネス名刺は、そのデザインの作り込みが大切です。ポイントを理解して、業者に依頼しましょう。例えば基本的な事で、四辺の余白をどう使うかを考えます。紙面に文字や画像などの柄が入っている割合を版面率と言い、四辺の余白の広さで、名刺の印象が変わります。余白のあるところに文字があると、その部分が目立ちます。

なので、名前、あるいは会社名を目立たせたい場合、その周辺を余白にデザインします。また、右揃えなのか左揃えなのか、中央に書くのかなど、こういった一つ一つのレイアウトで名刺による印象は大きく変わってきます。

また、レイアウトで考えるべきは文字の大きさ、色、あるいは場面によって使い分けるようなデザイン性のある名刺など、作り込みにはとにかく力を入れるべきです。ビジネス名刺はどのような相手と交換する事になるのか分かりません。

場合によっては、取引先の重要人物と名刺交換をする可能性も考えられるため、業者に依頼する段階で、力を入れておくべきです。また、紙質も手に取った時の印象が変わります。一口にビジネス名刺と言いましても、考えるべき部分はたくさんあるので、十分に練ったうえで、依頼しましょう。